初めての方は、このブログについて、をご覧ください。金融業界で働いています。毎日の気になった情報・ニュース・考えを載せていきます。友人・知人の皆さん、コメントの際にはハンドルネームで呼んでくださいー。


by a_villager

カテゴリ:経済( 2 )

皆、銀行が嫌いだけど


先週、FTのMartin Wolfが面白い分析記事を書いてた。

Asia's revenge
By Martin Wolf
FT
Published: October 9 2008 03:00 | Last updated: October 9 2008 03:00

アジア金融危機後にアジアや中東、ラテンアメリカの発展途上国は、国内での投資よりも多くの貯蓄を積み上げ、対外収支の債務国から債権国へと変化し、その大部分、およそ2/3をUSドルで持つようになった。それによって、国際通貨市場で自国通貨売り、USドルの買いを行うので、さらに自国の輸出業が対アメリカで強くなり、その傾向に拍車をかけるようになった。

またドットコム・バブル後にアメリカ企業は投資よりも貯蓄を多く溜め込むようになり、銀行などからではなく非金融業からの金融が多くなった。その一方で中央銀行は海外からの資金流入によるドル高基調や、自国企業の投資意欲の低下を考慮して、金融緩和策を続けざるを得なかった。

それらを背景として、アメリカを初めとする先進国は金融セクターと家計が安価な資金、緩い金融政策を頼りに課題な負債を積み上げ、特に家計は過大な消費を行うようになり、住宅バブルを膨らませた。


新聞やテレビの安いコメントではアメリカでは、銀行が悪者で一般国民が犠牲者となっているが、そもそも過大な債務を積み上げ、本来手を出すべきでない住宅を買って、楽な生活を享受したのはアメリカの一般国民。根本にあるのが住宅価格の下落で、これに付随して、それらを組み込んだ派生商品で金融機関のバランスシードがやられていることを考えると、この金融危機はWallstreetだけの問題ではなく、少なくない部分がMainstreetの問題ともいえる。過去の待遇の差を見て、銀行だけに責任を押し付けようとするアメリカ議会の皆さんもどうかと。。。銀行員だけでなく、自分たちの選挙民もバブルで騒いで楽しんだはずなのに。

アメリカが震源で、アジアはその犠牲となったという考え方もちょっとオカシイ。そもそもアジアを初めとする発展途上国(+日本)が自国での投資をせずに、わんさかアメリカ国債を始めとしてUSドル資産にお金をつぎ込んで、その一方で自国通貨を安く抑えてきたから、クレジットの膨張、住宅バブルが生じた。

この金融危機には、世界の、発展途上国(エマージング経済といったほうがいいかも)を含めた主要国が関与しているし、政府、家計、企業の全セクターが関与している。

1つの家計、1つの企業、1つの国で見れば、全体として貯蓄が多い、投資が多い、という現象はありえるけど、全世界で見れば、どこかが貯蓄していたら、どこかが投資を担わないといけない。過去10年、投資の役割を発展途上国+日本、投資の役割をアメリカ+欧州が担ってきた。

その流れがあまりにも長く、過度に続いたために、投資を担ってきた国でバブルが生じた。

これを単に、銀行が悪い、アメリカが震源地って言う風に断言できるのかなと思う。自国の資本市場を改革しないで海外からの投資を拒んできた国も、このバブル、金融危機の原因の1つだと思うような。。。

じゃ、これからアメリカの債務国、投資先としての役割を段々失っていくとすると、それを今まで債権国だった日本、他の発展途上国が担えるか?通貨の需給がそれにあわせて調整されていったときに、それらの企業セクターは対応できるか。海外からの資金を適切な場所に受け入れるだけの規制制度の改革が出来ているか。いろいろ、考えさせられますね。

今のジェットコースター相場を越えて、いろいろと考えなければいけない課題ですね。
[PR]
by a_villager | 2008-10-14 09:47 | 経済

世界中の出来事はどこかで(特に経済的に)繋がっているし、金融市場も架空のものを取引しているように見えても現実の世の中の経済活動としっかりリンクしているということを勉強。

今日のFinancial Timesは特に面白い記事が一杯あった。



Greenspan says 'good speculation' will cut the top off market peak

石油先物市場と石油価格の関係について、グリーンスパンがコメントしている。

石油の先物市場では2004年から投資家がネットで買い建てのポジションを取っていた。この取引相手、つまり先物価格で石油を売り建てていたのは、実際に石油の在庫を所有しているオーナーで、先物市場で売った石油を実際に期限に届けるために(実際に投資家は石油を受け取らないけど、それは売り建てをしている人には関係ない話。売り建てをしている実際のオーナーは現物を届けるのが合理的)、現実の経済で使うために、パイプラインやタンカー、製油所で処理できる以上の量の石油の在庫を積み上げてきた。

そして今、投資家が世界経済が曲がり角に来ていること、長い間積み上げてきた買いポジションの利益を実現するために先物の買いポジションを解除してきたために、石油価格が落ちている(裁定取引によって現物と先物との間にはある程度の関係があるから、先物が落ちれば現物もそれに対してある程度反応する)

こういう先物市場の動きによって、それがなかった場合に比べて、現実の石油在庫を所有しているオーナーが在庫を積み上げるインセンティブが生まれ、石油の供給量を増やす役割を果たしている。この先物市場の働きがなければ、将来的に急激に在庫が干上がり供給が圧迫して、経済により大きなダメージを与える可能性もあると。

むー、実に勉強になる。どんな複雑な金融商品も、どんなに姿かたち名前を変えようと、実際にその裏側にある経済活動を反映し、その経済活動に影響を及ぼしているっていう、金融経済と実物経済のリンクを再認識させられた。

次の記事は、またまた石油に関するもの。


Opec income at record as oil prices soar


OPEC(石油輸出国機構)の2008年上半期の石油輸出額は2007年一年分に匹敵する6450億ドルだと。それによって、OPECがアジアや欧米からの輸出を吸収し、さらにはSWFなどを通じて傷ついた金融機関に投資をすることに世界経済の減速を防ぐことに役立っていると。これによって、世界の富の移転、経済力の移転が急速に進んでいる。

興味深いのが、OPECのなかで、唯一インドネシアだけが2007年も2008年上半期も、石油の純輸出がマイナス。つまりOPECでありながら、石油の純輸入国になっている。その額は2007年一年と2008年上半期で同額の40億ドルのマイナス。国のBalance of Paymentはどうなっているんでしょうか。。。経済の安定性が心配になりますね。


3つ目の記事も石油がらみ。

Two challenges highlight the scale of the bonanza

富の移転と書いたが、それを示す数字が非常に面白かった。マッキンゼーの調査によると、今の石油価格で計算すると、地球上にある石油の総額は162兆ドルで、これは全世界の株式(52兆ドル)と債券(67兆ドル)の合計よりも大きく、世界にある全金融資産(2006年時点で167兆ドル)に匹敵すると。

これによって、確かにSWFなどを通じて産油国は先進国や発展途上国の金融資産を買うことになるが、それでも石油から金融資産への富の移転を考えたとき、その石油の金額を吸収できるだけの金融資産が地球上に果たして十分にあるのかという問題が発生する。

非常に大きなスケールで、不確実な点も一杯あるけど、世界のお金の流れが根本的に変わっていくことになることを示唆しているね。20年後、30年後の経済はどうなってるんでしょう。。。
[PR]
by a_villager | 2008-08-12 05:13 | 経済