初めての方は、このブログについて、をご覧ください。金融業界で働いています。毎日の気になった情報・ニュース・考えを載せていきます。友人・知人の皆さん、コメントの際にはハンドルネームで呼んでくださいー。


by a_villager

カテゴリ:アフリカ( 1 )

アフリカ 苦悩する大陸


大好きなThe Economist誌の記者が書いた、発展に向けてアフリカの抱える問題点を書いた本。本屋でふと目に留まって買ったが、正直洋書のほうがよかった。カタカナで色んな名前・地名を書かれるとすごく読みづらい。しかも、カタカナから英語表記への変換が自分は上手くできないから、何かをさらに自分で調べようとしたときに困る。しかも洋書のほうが安いと来たもんだ。。。

アフリカ苦悩する大陸
ロバート・ゲスト / / 東洋経済新報社
ISBN : 4492211772
スコア選択:



まとめると、アフリカの抱える課題は、政治にある。腐敗、司法システムの不備、部族対立を煽る政治家、植民地支配・外国人に全部の責任を押し付けようとする姿勢、それらによって発生する起業家精神の衰退、インフラ整備の遅れ、教育投資の少なさ、民主主義の基盤の脆さ、援助に対する依存などなど。そして油を注ぐように、アフリカ大陸にある天然資源が問題を悪化させる。興味をもった箇所をいくつか。。。

・多くの戦争の原因が経済にある。貧困が戦争を生んでいるらしい。世界で最も貧しい6分の1の人々が、世界の内戦の5分の4を耐え忍んでいる。(p.47)

・アンゴラはサハラ以南アフリカではナイジェリアに次ぐ産油大国だ。しかし大西洋のアンゴラ沖で石油が発見された当初に比べて、国民の大部分は貧しくなっている。(p.58) アンゴラでは、石油は国内総生産の半分を占め、税収のほとんどすべてを賄うといってもいい。(p.63)

・アフリカの貧困の一つの原因は、人々が自分の資産を流動資本として活用できないことにあるからだ。家を持っていても、たいてい権利証書がないから証明できない。証明できなければ家を担保に銀行から金を借りることもできない。だから資本を手にできない。(p.72)

・一貫した所有権のシステムが確立されていると、知識を共有することもできる。家屋、企業、その他の資産の所有権と価値の記録が集中的に管理され、誰もが自由に閲覧することができれば、遠隔地にあるビジネス・チャンスを見つけること容易になる。つまりフォーマルな財産法があれば、赤の他人とでも取引ができる。(p.80)

・アフリカの政治と部族主義の問題を解き明かすには、「部族主義」という概念を少し広く考えてみると良いだろう。部族主義、人道主義、派閥主義が交じり合ったものと理解してみるのだ。この3つの概念にはそれぞれ違いがあるが、今はその差異よりも共通点が重要だろうーつまり、偏見だ。何をやったかではなく、特定の集団に所属しているというだけで相手を攻撃したりする。人は様々な身勝手な理由で他人を憎むものだが、身勝手な政府はそこにつけ込もうとするのだ。(p.119)

・世界のどこを見ても、差別是正のための逆差別政策は、ほんの一握りの人々の生活しか改善しないことは明らかだ。しかもわずかな改善のために、人種間の緊張がむしろ激化しー逆差別で損をする人々の恨みを買うのだからー、経済成長の足も引っ張るという代償を払わされるのだ。(p.159)

・富裕国の農業補助金は1日約10億ドルになる。これはサハラ以南のアフリカ全体の国内総生産とほぼ同じだ。補助金のおかげで富裕国の農家は自国の消費者が食べきれないほど生産する。するとこの余剰分の多くはアフリカの市場に回されて、アフリカの生産物価格を引き下げ、アフリカの農家の利益を奪ってしまうことになる。(p.190)

・(ジンバブエと南アフリカの関係について) (南アフリカ大統領のムベキは)あまりジンバブエ大統領のムガベにプレッシャーをかけすぎて、野党が政権を奪取するきっかけになることをムベキ氏は恐れているのかもしれない。ジンバブエの野党のルーツは労働運動になる。そして(南アフリカ与党の)ANC政権を脅かす可能性があるのも、やはり労組なのだ。南アフリカの労組は今のところ連立政権のメンバーだが、最近は苛立ちを募らせている。(p.281)

原著が書かれたのは2004年のころだから、今の商品価格の高騰を反映していないと思うけど、今、石油や貴金属の輸出で潤ったそういったアフリカ諸国がその資金をどういう風に使うのか、気になるね。中国のアフリカでの資源外交も興味がある。以前、The Economist誌の記事で中国のアフリカでの活動は欧米諸国と比べてもそこまで悪くない、それどころか欧米より良い部分(地元労働者への待遇など)もあるとか。

商品市場の動向が今の経済に与える影響を無視することはできないから、その供給元・生産地であるアフリカを理解することにも価値があると思う。価格のチャートの下で何が起こっているか、いままでの歴史の中で何が行われてきて、それが今現在、これからの将来にどのような影響を与える可能性があるのか、考えることが重要かと。今、個人的にホットなのはジンバブエの大統領選挙ですね。後は南アフリカの経済の安定性。
[PR]
by a_villager | 2008-06-09 17:02 | アフリカ