初めての方は、このブログについて、をご覧ください。金融業界で働いています。毎日の気になった情報・ニュース・考えを載せていきます。友人・知人の皆さん、コメントの際にはハンドルネームで呼んでくださいー。


by a_villager

皆、銀行が嫌いだけど


先週、FTのMartin Wolfが面白い分析記事を書いてた。

Asia's revenge
By Martin Wolf
FT
Published: October 9 2008 03:00 | Last updated: October 9 2008 03:00

アジア金融危機後にアジアや中東、ラテンアメリカの発展途上国は、国内での投資よりも多くの貯蓄を積み上げ、対外収支の債務国から債権国へと変化し、その大部分、およそ2/3をUSドルで持つようになった。それによって、国際通貨市場で自国通貨売り、USドルの買いを行うので、さらに自国の輸出業が対アメリカで強くなり、その傾向に拍車をかけるようになった。

またドットコム・バブル後にアメリカ企業は投資よりも貯蓄を多く溜め込むようになり、銀行などからではなく非金融業からの金融が多くなった。その一方で中央銀行は海外からの資金流入によるドル高基調や、自国企業の投資意欲の低下を考慮して、金融緩和策を続けざるを得なかった。

それらを背景として、アメリカを初めとする先進国は金融セクターと家計が安価な資金、緩い金融政策を頼りに課題な負債を積み上げ、特に家計は過大な消費を行うようになり、住宅バブルを膨らませた。


新聞やテレビの安いコメントではアメリカでは、銀行が悪者で一般国民が犠牲者となっているが、そもそも過大な債務を積み上げ、本来手を出すべきでない住宅を買って、楽な生活を享受したのはアメリカの一般国民。根本にあるのが住宅価格の下落で、これに付随して、それらを組み込んだ派生商品で金融機関のバランスシードがやられていることを考えると、この金融危機はWallstreetだけの問題ではなく、少なくない部分がMainstreetの問題ともいえる。過去の待遇の差を見て、銀行だけに責任を押し付けようとするアメリカ議会の皆さんもどうかと。。。銀行員だけでなく、自分たちの選挙民もバブルで騒いで楽しんだはずなのに。

アメリカが震源で、アジアはその犠牲となったという考え方もちょっとオカシイ。そもそもアジアを初めとする発展途上国(+日本)が自国での投資をせずに、わんさかアメリカ国債を始めとしてUSドル資産にお金をつぎ込んで、その一方で自国通貨を安く抑えてきたから、クレジットの膨張、住宅バブルが生じた。

この金融危機には、世界の、発展途上国(エマージング経済といったほうがいいかも)を含めた主要国が関与しているし、政府、家計、企業の全セクターが関与している。

1つの家計、1つの企業、1つの国で見れば、全体として貯蓄が多い、投資が多い、という現象はありえるけど、全世界で見れば、どこかが貯蓄していたら、どこかが投資を担わないといけない。過去10年、投資の役割を発展途上国+日本、投資の役割をアメリカ+欧州が担ってきた。

その流れがあまりにも長く、過度に続いたために、投資を担ってきた国でバブルが生じた。

これを単に、銀行が悪い、アメリカが震源地って言う風に断言できるのかなと思う。自国の資本市場を改革しないで海外からの投資を拒んできた国も、このバブル、金融危機の原因の1つだと思うような。。。

じゃ、これからアメリカの債務国、投資先としての役割を段々失っていくとすると、それを今まで債権国だった日本、他の発展途上国が担えるか?通貨の需給がそれにあわせて調整されていったときに、それらの企業セクターは対応できるか。海外からの資金を適切な場所に受け入れるだけの規制制度の改革が出来ているか。いろいろ、考えさせられますね。

今のジェットコースター相場を越えて、いろいろと考えなければいけない課題ですね。
[PR]
# by a_villager | 2008-10-14 09:47 | 経済

協調利下げでも下げは止まらず、というかNYの後場から下げに戻り、それが加速した状態で市場は閉じた。。。東京への衝撃波があるでしょうね。。。会社行きたくない。。。


短期金利は協調利下げのお陰で下げたけど、事業会社の債券にはインパクトなし。Interbankの金利にもインパクトはないような。。。

銀行を救うのは気に入らないのはわかるけど、銀行を締め上げるとInterbank市場を通じて事業会社、公共セクターの資金繰りが止まるんです。。。。

その余波を一番くらうのは銀行からの信用ラインが得られにくく、市場からCPや債券で資金調達をしている会社。GEやAT&Tでさえ苦労している中、GMを初めとするアメリカのビッグ3は生き残れるのでしょうか。。。

GMのこの1年の株価です。昨日は-8.6%の下げです。。。


上司の話によると、全世界のGDPの10%は自動車産業らしい。シャレになってない。。。

直近の危機はCiti、その後はビッグ3、その後はアメリカの、血まみれになる予感のする、クリスマス商戦ですか。。。もちろん、その間に小さい銀行は爆発するような気もするし、欧州や発展途上国でIcelandみたいに対外的に破綻する国も出てくるでしょう。

それでも地球は回るし、人々は生活している。だけど、精神的に耐え難いんですよね。。。
[PR]
# by a_villager | 2008-10-09 05:38 | 日常

我慢の毎日






DJIAが5%が下がってますね。またどっかの欧州の銀行が爆発したかと思ったけど、そうでもないような。。。きりがないからニュースはあまりフォローしていないから。。。たぶん、だけど。

一方で完全に機能停止している銀行間、銀行・企業間の短中期資金が動きそうな動きもあって、これはこれで安心。

Fed to start buying commercial paper
FT
By Chris Giles in London,Tony Barber in Brussels, Michael Mackenzie in New York and James Politi in Washington
Published: October 7 2008 14:33 | Last updated: October 7 2008 18:47

Ben Bernanke on Tuesday opened the door to further US interest rate cuts on a day that saw the Federal Reserve moving to bypass banks and lend directly to American companies in an unprecedented attempt to unfreeze the money markets.

The Fed’s move into the market for commercial paper -- short term debt issued by companies and others to fund day-to-day operations -- represents a dramatic expansion of its role of lender of last resort, but its extraordinary action failed to calm nerves in feverish markets.

銀行間取引が止まっているから、企業には超短期のお金しか流れないし、それによって投資ができないなど企業活動が制限されている。企業だけじゃなくて、カリフォルニア州などの公共セクターへの短期金融も機能しなくなり、給料が払えないかも、とかいう事態になっている。。。

株価はもう置いといてしかないけど、現実の金融機関間の取引が回復することを願うだけですね。。。。欧州の幾つかの国の対外収支が非常に危機的だし、アメリカでも迫り来るとある大きな金融機関の決算が恐怖の瞬間でしかないけど。。。これが世界の終わり、大恐慌の始まりではないことを願うだけですね。
[PR]
# by a_villager | 2008-10-08 05:40 | 日常

もうTOPIXが2%下がったくらいじゃ驚きません。むしろ午後の市場の盛り返しに喜んでいたくらい。なんだかなぁー。

今日のFTのAnalysisセクションではAIGを扱っていて、とても面白かった。

Inadequate cover
FT
By Francesco Guerrera in New York and Andrea Felsted in,London
Published: October 7 2008 03:00 | Last updated: October 7 2008 03:00


カリフォルニアのアイスクリーム売りのCornelius Vander Starrが創設し、他の保険会社が扱おうとしなった分野、上海での中国人・中国ビジネスための保険の引受、に乗り込んだ会社がAIGだった。

その利益のある分野を開拓する企業文化を受け継いだHank Greenbergは事業を急速に発展・拡大、15%の利益率を目指し、NYSEでは最もパフォーマンスの良い企業の1つとなった。

最盛期には全世界で4300もの法人を傘下において、実質的にはGreenbergと一部の取り巻き以外誰もAIGの全貌を理解できなかったという。

そしてジャンクボンド市場を切り開いたDrexel Burnham Lambertからチームを引き継ぎ、AIGの巨大なバランスシートとAAAという最高の格付けを利用した低コストのファイナンスでリスクの高いビジネスを拡大した。

その中でも特に拡大したのがCredit Default Swapの引受け(実質的にはレバレッジをかけた債券投資に似た性質をもった商品)。2007年時点では、年間保険手数料収入が2000から2500億ドルなのに対して、4650億ドルの引受を持っていた。

2007年後半には、自社で使ってたCDSの評価モデルが甘い仮定・設計になっていることを会計事務所のPwCに指摘されて、それを修正。それによってCDSのポートフォリオの損失が10億ドルから50億ドルに急拡大。

その後は、ニュースの通り。


他の部門が何をやっているかしらないほど拡大した組織

個人に拠ったコントロール

他の部門のビジネスの恩恵を受けた(会社全体の高い格付けを利用した)高いレバレッジを使った投資

金融派生商品を評価すること、リスクをコントロールすることの難しさ


もう、今話題になっているテーマを全部盛り込んだストーリーですね。。。


ところでノーベル物理学賞、日本人が3人で受賞ですね。おめでとうございます。政治家が割り込んできて騒いでいたけど、研究成果が出たのが30年以上前ということを考えると、日本の基礎科学技術はすばらしいとか浮かれている場合でもないし、賞だけで今の理工学離れを引っくり返せると思い込んでいる場合でもないような。。。と、理工学からでんで離れたところで働いているワタシが言うことでもないんですが。。。
[PR]
# by a_villager | 2008-10-07 22:37 | ファイナンス

Chaotic Day Ends With Stocks Off 3.8%
NYT
Published: October 6, 2008

The Dow Jones industrials finished more than 360 points lower, dropping below the 10,000 mark for the first time in five years, as markets around the world spiraled downward in the face of a banking crisis that has tightened its grip on the global economy.

But the outcome could have been worse. After 2 p.m., the Dow was on track for an ignominious record ― 800 points lower in a single session, worse than the 777-point drop recorded a week ago.

一時800ドルの下げを記録して、午後になって持ち直し。

On Wall Street, energy stocks dropped by more than 10 percent as a whole after oil prices dropped below $90 a barrel, reaching their lowest levels since February. Crude oil was trading just over $89 a barrel in New York after 2 p.m.

Shares of financial firms, manufacturing outfits, and industrial companies all fell sharply. Only six companies in the entire S.&P. 500 were up for the day, including Wrigley, the chewing gum giant, and Monster, the parent company of job-seeking Web site Monster.com

Some gauges of anxiety in the market again reached record highs as the week began, and a benchmark overnight borrowing rate, the Libor rate, moved higher. A measure of volatility, the VIX index, jumped to its highest intraday level ever.

チューイング・ガムと職安の会社を含めて500社中4社上昇ですか。そういう需要は直強いと見ますか。どうもありがとうございます。

新興国はもっとヒドイ状態みたい。。。

Markets routed in global sell-off

By Chris Giles in London, Michael Mackenzie in New York, John Aglionby in Jakarta, and Alan Beattie in Washington
FT
Published: October 6 2008 19:27 | Last updated: October 6 2008 21:23

Emerging markets were particularly hard hit. The MSCI Emerging Markets Index slumped 11 per cent, its largest daily decline since 1987. Trading was temporarily stopped in some major emerging economies, including Russia, where the market fell by just over 19 per cent, and Brazil, where stocks fell as much as 15 per cen

この様子だと、衝撃波は東京とアジアをまた直撃して、欧州で何らかのアクションがあって止まるか止まらないか、だろうなー。今日も東京は下がるだろうなー。

いやだなー、会社行きたくないなー。朝からテンションはボトム。
[PR]
# by a_villager | 2008-10-07 05:39 | 日常

今日は朝から雰囲気が暗かった。ドイツの大手不動産金融会社を巡るドイツ政府の対応、欧州の協調姿勢の乱れなどのニュースを朝会で確認してから、市場がスタート。

相場が下がっているのはわかっていたけど、極力Bloombergとかを見ないようにして昼休み、友人とちょっと贅沢な昼ごはんを食べるものの、帰ってから相場を見て愕然。。。。全体として4%くらい下がっていたのは驚きだったけど、個別銘柄の下げっぷりは本当にひどかった。化学や機械、資源、金融など、景気に敏感な銘柄は投売りされて、解散価値の6割くらいにまで下がったものもちらほら、もう会社なんてやってないで解散したほうがいんでない?っていうレベルまで株価が下がった会社(日本を代表するような会社が)もあった。

こんな下げを見ていたらお昼ご飯を戻しそうになった。上司も隣で、マジ吐きそうだよー、とか言っていたし。東京が終わったと思ったら、次は欧州市場のスタート、前場で5%くらいまで下げる驚きのスピード、チカチカと下げを更新するBloombergを見ていたら気分が悪くなった。結局、今日は仕事らしい仕事ができなかった。チカチカとなるBloombergばかり見ていた。


こんな愚痴を言っても仕様が無いのはわかっているけど、下げに次ぐ下げで、そこが全く見えない。アメリカで金融機関が爆発して、欧州でも爆発してその衝撃波をバシバシ食らっているうちに日本の実体経済も涙が出るくらいに悪くなりそうになって。。。仕事が終わるとグッタリ疲れて、夜遅いのに夕ご飯をヤケ食いして体のラインも悪くなるし。まったく。ここまで安らぎが欲しいと思う瞬間もない、っていうくらいの数週間(これからも続くでしょうが)だった。


先週のFTに面白い記事があった。日本長期信用銀行から新生銀行への転生を描いたSaving the Sunの著者、Gillian Tettのコラムが非常に面白かった。

The yawning information gap between bankers and the rest
By Gillian Tett
Published: October 2 2008 03:00 | Last updated: October 2 2008 03:00


アメリカの議会や国民から金融機関救済策への支援を得るのにここまで苦労したわけは、これまで金融業界が複雑になりすぎて、そして孤立しすぎて、外界とのコンタクト、コミュニケーションを絶ってきたからだと。金融業界は世の中の99.9%の人が金融業界が何をやってお金を儲けているか知らなくてもいいと思ってきたし、その一方で政治家も金融技術の進歩を理解しようとしせず、ただ、彼らがどうやったらそんなに簡単にお金を儲けられるか不思議に思うだけだった。金融の世界がこの10年でどれだけ革命的に変化したかを理解しようとしなかった。

その知識の不足と、金融業界が過去に上げてきた利益・報酬に対する記憶、そして色んな救済策の有効性に対する疑問、さらにはそれを指揮しているのが当の金融業界に君臨するGoldman Sachsの元会長ときているから、色んな不振、怒りが生じ、先週の議会での足踏みに繋がったと。

業種は違うけど金融業界で働く身としては考えさせられる内容ですね。。。

More specifically, during most of this decade, bankers have assumed that it was not just acceptable but also entirely normal to have a situation where 99.9 per cent of people had absolutely no idea how money flowed around the world. Twenty-first century bankers, in other words, have been acting like a BlackBerry-toting priestly class that assumed that only people who spoke the equivalent of advanced financial Latin should be allowed to attend Mass.

Meanwhile, politicians and voters, for their part, have been shockingly lazy in trying to understand finance - or even just asking why they were suddenly finding it so easy to get access to cheap cash. Much of the media has been remiss, too: most mainstream outlets all but ignored the fact that a revolution was under way in finance during the first seven years of this decade.

Now it is payback time. As the crisis has unfolded over the past year, most regulators, politicians, investors and voters have been left in a state of utter shock. One consequence of that has been irrational panic. Another is likely to be some equally irrational regulatory overeach.

However, the most pernicious problem is that many voters and politicians remain so confused about how finance works that they have no idea whether a bail-out is a good idea or not. All they do know is that the events of the past year have shown that modern finance is rife with complex interlinkages that are poorly understood, if not downright murky. Suspicions are rife that any bail-out for the banks will inevitably end up bailing out bankers, too, through all manner of hidden channels. Hence the wave of anger, and hence the difficulty that the US government faces in convincing voters that there is a difference between rescuing finance and helping fat cats.

[PR]
# by a_villager | 2008-10-06 22:47 | ファイナンス

【ワシントン支局】米下院は29日、最大7000億ドル(約75兆円)の不良資産を公的資金で買い取る金融安定化法案を賛成205、反対228で否決した。共和党議員の大半が反対に回ったうえ、民主党でも100人近くが反対票を投じた。

日経新聞より

これでDJIA指数は7%も下落。。。。底が抜けたような下げっぷり。

金融市場はどうなるんでしょう。。。経営者の数十億円の報酬が気に入らないという理由が数十兆円もの金額を動かす障害になってるのかな。。。それとも政府の介入がいらないのかな。納税者の保護?

アメリカの銀行システムが完全に機能停止している状況が長引けば、実体経済への影響、発展途上国への影響がどんどん拡大するでしょうね。。。

シティがワコビアを買収したけど、当のシティにそれだけの体力があったのか。。。。スーパーSIVの議論をしていたころはシティが一番必死だったのに。。。欧州の銀行も徐々に傾いてきましたね。。。

昨日まで安堵感があっただけに、今日の東京市場への衝撃波はすごそうだ。金融セクターのジェットコースターでエクスポージャー増やした人はオワッタだろうね。(幾度となく繰り返されてきたけど) 

胃に悪すぎる。助けて。。。といいたくなる。
[PR]
# by a_villager | 2008-09-30 05:39 | 日常

なかなか期間が空いたけど、無事仕事をしています。と、こういうノリが全然笑えない今日この頃になってきました。世界経済(というかアメリカ経済)はこれからどうなるんでしょうか。Ice Age路線な調査レポートを週末に家で読んでいると本当に気分が落ち込みますが。

ここまで2週間ほど、精神的に穏やかじゃない日が続いていました。その原因の1つにはもちろん、この市場のパニックぶり。まったく底が見えない、身動きも取れない沼にはまって、ずるずると落ちような感覚が続いていた(今も続いているけど)中で、市場がどう荒れようと、自分にはなすすべもないし、自分のできることをするしかない、っていう風に心から割り切れるようになるには少し時間がかかりました。

もう1つというのは、自分の待遇が、自分のチームに対する貢献に本当に見合っているのか?という疑問。言われた仕事はキチンとこなしているけど、それの対価が今の自分の待遇のレベルに達しているとはとても思えず、どうやったらチームのパフォーマンスに貢献できるのか、知識も経験も足りない、時間でしか解決できないという状況の中で1人で悩んでいたような気がしました。

先日、運よくチームのレビュー、これから1年計画を上司たちと話し合う機会があって、そこで自分が今悩んでいることを上司に聞いてもらい、自分が今やるべきことを、その理由と一緒に上司から示唆された。そこから、自分で少しずつ進めていくうちにリズムもついて、自分の目で短期的な将来の路線が見えてきた。精神状態もそこから回復。

それにあわせて、先日引越し先が決まりました。自分が大好きな環境・立地に(ちょっと理由はあるけど)とてもリーズナブルな場所を見つけました。これで会社までの通勤時間が1日で2時間以上短縮されます。嬉しいことこの上ないですね。

もうロンドンから帰ってきてから1ヶ月、仕事を始めて3ヵ月半、大学院を卒業してから5ヶ月。時間はあっという間に流れますね。その間に、色んな仕事をこなしてきたし、色んなものを見てきたけど、自分は変わったのか、変わっていないのか、どうなんでしょう。アメリカでの2年間がとても昔のことのように思えてくるし、なんか懐かしく思えてきますね。
[PR]
# by a_villager | 2008-09-28 22:09 | 日常


流血の日曜日と言われるような金融業界の再編が続いているが、直接的な関係はない(と願いたい)けど、リーマン・ブラザーズの社員がオフィスからコピー用紙の段ボールに荷物を入れて持ち出しているのをTVで見ていると、とても心穏やかになれない。

世界中、25000人の社員。その殆どが仕事を失うのかな。。。その大部分が一時期まで超高給取りで将来も非常に明るいように見えただけに、この1年ちょっとの間の市場の激変ぶりには言葉を失うばかり。明日はわが身、ということを実感します。。。。

この頃、投資心理学系の本をよく読むようにしている。今日も下の2冊を買って読んでいる。

規律とトレーダー 相場心理分析入門
マーク・ダグラス / / パンローリング
ISBN : 4775970801
スコア選択:




トレーダーの心理学―トレーディングコーチが伝授する達人への道 (ウィザードブックシリーズ)
アリ キエフ / / パンローリング
ISBN : 4775970739
スコア選択:




今の仕事をしていく上で1位か2位に重要なことは、恐らくは心の平安を保つことだろう。自分を、自分の判断を信じきれるか、自分の間違いを認めて次に進めるか。究極のところ、学歴も、身分も、年齢も、経験も、パフォーマンスの前には無意味の世界。そのパフォーマンスも運によって大きくぶれることがある。長期的に正しいことも、短期的には間違っていることもある。そういう状況になったときに、自分の判断を信じきれるか、間違いを認めることができるか。

どんなにテクノロジーが発達しても、どんなに多くの情報を入手できても、それらを利用したり、認知・処理し、判断に繋げていくのは人間で、それらの行動を支配するのは人間の心理。

自分から非常に遠い今の金融市場の出来事でも、これだけの心理的なストレスになっている今の状況じゃ、将来は大変だなぁ。仕事での経験、心理学の勉強、後は生活環境の改善をしていって、自分の心理状況をコントロールしていかないと。
[PR]
# by a_villager | 2008-09-15 22:00 | 投資

歴史的な1週間


リーマンが倒産、メリルが身売りとは。。。この2つが一緒に来るとは予想もしてなかった。

ニュースで明らかになった話がこのまま進むとなると、Bank of Americaは商業・投資銀行の両部門で世界最大級の銀行になるでしょうね。GoldmanやMorgan Stanleyとかの独立系投資銀行はこれから苦しい戦いになりそうですね。自分のバランスシートを使って、資金の回転を上げてやるビジネス・モデルが通用しなくなることを象徴する1週間になるんでしょうか。。。

と、そんな宇宙の果ての出来事(そうでもないから嫌なんですがw)を気にしても仕様がないから、僕は自分でできる勉強を粛々と進めるだけですが。

昨日はこの本を読みました。とても面白かったし、勉強になった。

法廷会計学vs粉飾決算
細野 祐二 / / 日経BP社
ISBN : 4822246760
スコア選択:




JAL、ライブドア、日興コーディアル、NOVAがどういう会計操作・粉飾決算していて、それがプロの視点でもって、どうやって見抜くのか、そういう操作が会計原則と照らし合わせてどういう風に非合理的で、違反しているのかを書いている。

簿外債務、リース会計、売上げ操作、特別目的会社を使った損益外し、収益計上基準の乱用などなど、会計操作のテクニックの事例が一杯書いてある。

今、動いている社会・経済も究極的には会計上の数字の上に成り立っているわけで、そういう数字があまりにも経済的現実からかけ離れていたら、どんな意志決定もできない。会計上の数字の1%の変化が意思決定に大きなインパクトを与えるのに、そもそもの数字が1%以内の誤差を保証していないのが困った現実。会計上の数字がどんな前提・限界の上に作られているのか、現実の経済活動との適合性(ビジネスの常識と照らし合わせて)があるのか、そういうことを常に頭に入れて数字を見ないといけませんね。
[PR]
# by a_villager | 2008-09-15 10:29 | 日常