初めての方は、このブログについて、をご覧ください。金融業界で働いています。毎日の気になった情報・ニュース・考えを載せていきます。友人・知人の皆さん、コメントの際にはハンドルネームで呼んでくださいー。


by a_villager

たった1人で繋がっていた10万人の組織


もうTOPIXが2%下がったくらいじゃ驚きません。むしろ午後の市場の盛り返しに喜んでいたくらい。なんだかなぁー。

今日のFTのAnalysisセクションではAIGを扱っていて、とても面白かった。

Inadequate cover
FT
By Francesco Guerrera in New York and Andrea Felsted in,London
Published: October 7 2008 03:00 | Last updated: October 7 2008 03:00


カリフォルニアのアイスクリーム売りのCornelius Vander Starrが創設し、他の保険会社が扱おうとしなった分野、上海での中国人・中国ビジネスための保険の引受、に乗り込んだ会社がAIGだった。

その利益のある分野を開拓する企業文化を受け継いだHank Greenbergは事業を急速に発展・拡大、15%の利益率を目指し、NYSEでは最もパフォーマンスの良い企業の1つとなった。

最盛期には全世界で4300もの法人を傘下において、実質的にはGreenbergと一部の取り巻き以外誰もAIGの全貌を理解できなかったという。

そしてジャンクボンド市場を切り開いたDrexel Burnham Lambertからチームを引き継ぎ、AIGの巨大なバランスシートとAAAという最高の格付けを利用した低コストのファイナンスでリスクの高いビジネスを拡大した。

その中でも特に拡大したのがCredit Default Swapの引受け(実質的にはレバレッジをかけた債券投資に似た性質をもった商品)。2007年時点では、年間保険手数料収入が2000から2500億ドルなのに対して、4650億ドルの引受を持っていた。

2007年後半には、自社で使ってたCDSの評価モデルが甘い仮定・設計になっていることを会計事務所のPwCに指摘されて、それを修正。それによってCDSのポートフォリオの損失が10億ドルから50億ドルに急拡大。

その後は、ニュースの通り。


他の部門が何をやっているかしらないほど拡大した組織

個人に拠ったコントロール

他の部門のビジネスの恩恵を受けた(会社全体の高い格付けを利用した)高いレバレッジを使った投資

金融派生商品を評価すること、リスクをコントロールすることの難しさ


もう、今話題になっているテーマを全部盛り込んだストーリーですね。。。


ところでノーベル物理学賞、日本人が3人で受賞ですね。おめでとうございます。政治家が割り込んできて騒いでいたけど、研究成果が出たのが30年以上前ということを考えると、日本の基礎科学技術はすばらしいとか浮かれている場合でもないし、賞だけで今の理工学離れを引っくり返せると思い込んでいる場合でもないような。。。と、理工学からでんで離れたところで働いているワタシが言うことでもないんですが。。。
[PR]
by a_villager | 2008-10-07 22:37 | ファイナンス